NTChem

「NTChem」は一から設計をした新しい国産分子科学計算ソフトウェアです。既存ソフトウェアの持つ多くの機能をカバーしつつ、他のプログラムで利用することのできない多くの量子化学計算法を含んでいます。「NTChem」の第一版には数千原子分子系に対する第一原理電子状態計算や数百原子分子系の化学反応過程追跡計算を実現するための分子科学理論が実装されています。さらに、京コンピュータなどのマルチコア超並列クラスタ計算システムの性能を引き出すことが可能な並列アルゴリズムが実装されています。

京コンピュータ利用者向け公開ソフトのページ(R-CCS ソフトウェアセンター) もご参照ください。

バージョン情報

2018/3/5 京用にバージョン10.1をアップしました。

2018/1/17 京用にバージョン10.0をアップしました。

2017/1/9 京用にバージョン9.0をアップしました。

2016/8/2 京用にバージョン8.0をアップしました。

2015/12/7 京用にバージョン7.0をアップしました。

2015/7/28 京用にバージョン6.0をアップしました。

2015/3/7 京用にバージョン5.0をアップしました。

2014/6/10 京用にバージョン4.0をアップしました。

2014/2/28 京用にバージョン3.1をアップしました。

2014/1/30 京用にバージョン3.0をアップしました。

2013/11/28 京用にバージョン2.0をアップしました。

2013/9/14 京用にバージョン1.2をアップしました。

2013/9/5 京用にバージョン1.1をアップしました。

Publications

  1. Two-component Relativistic Time-dependent Density Functional Theory Study on Spin-forbidden Transitions for Metal Polypyridyl Complexes
    Y. Imamura, M. Kamiya, T. Nakajima, Chem. Phys. Lett. 635 , 152–156 (2015).
  2. How Can We Understand Au8 Cores and Entangled Ligands of Selenolate- and Thiolate-protected Gold Nanoclusters Au24(ER)20 and Au20(ER)16 (E = Se, S; R = Ph, Me)? A Theoretical Study
    N. Takagi, K. Ishimura, M. Matsui, R. Fukuda, T. Matsui, T. Nakajima, M. Ehara, S. Sakaki, J. Am. Chem. Soc. 137 , 8593–8602 (2015).
  3. Theoretical Investigation of Enantioselectivity of Cage-Like Supramolecular Assembly: The Insights into the Shape Complementarity and Host–Guest Interaction
    Y. Ootani, Y. Akinaga, T. Nakajima, J. Comput. Chem. 36 , 459–466 (2015).
  4. NTChem: A high-performance software package for quantum molecular simulation
    T. Nakajima, M. Katouda, M. Kamiya, Y. Nakatsuka, Int. J. Quantum Chem. 115 , 349–359 (2015).
  5. A Basic –7-Charged Germanodecatungstate Efficient for Chemoselective Acylation of Primary Alcohols
    K. Sugahara, N. Satake, K. Kamata, T. Nakajima, N. Mizuno, Angew. Chem. Int. Ed. 53 , 13248–13252 (2014).
  6. Effects of heteroatoms on electronic states of divanadium-substituted γ-Keggin-type polyoxometalates
    K. Uehara, T. Miyachi, T. Nakajima, N. Mizuno, Inorg. Chem. 53 , 3907–3918 (2014).
  7. MPI/OpenMP hybrid parallel algorithm of resolution of identity second-order Møller–Plesset perturbation calculation for massively parallel multicore supercomputers
    M. Katouda, T. Nakajima, J. Chem. Theory Comput. 9 , 5373–5380 (2013).
  8. Development of efficient computational techniques and codes for second-order Møller–Plesset perturbation calculation of extended systems
    M. Katouda, T. Nakajima, S. Nagase, Proceedings of JSST 2012, 338–343 (2012).